メインメニュー




全国には約600の民主商工会(民商)があり、愛知には22民商に 8100名の会員と11000名の商工新聞読者がいます。 創立以来、民商・全商連は、中小業者の営業と生活を守るため、困 りごとはみんなで集まり、仲間と一緒に知恵と力をあわせ、本人を先頭 に要求・悩みを解決しています。また、開業フェアや税金・経営学習会、 業種別交流会など、商売を続け、経営をのばす様々なとりくみを行っ ています。



仲間同士のいのちと健康を守る活動をしている共済会。月1000円の会費で、入院見舞金や結婚・出産祝金に加え、集団健康診断活動などに取り組んでいます。会員とその配偶者はどなたでも加入できます。(免責1年)


「一人ぼっちの業者婦人をつくらない」と集まって話し合い活動する婦人部。業者婦人の地位向上を目指すため、所得税法第56条廃止の運動や記帳・経営学習会などに取り組んでいます。
春日井民商kasugaiminnsyou



若手経営者や業者二世が集まる青年部。若い力で経営を発展させようと、商売の交流やパソコン記帳など、仲間の「やりたい」を大切に活動しています。

週刊発行・大判8ページ
購読料月500円



仕事おこし・資金繰り
税金・パソコン記帳・労働保険


 


 

   
   
    仲間とともに商売繁盛
     「匠ネット」取り組みなどで仕事おこし
     確定申告 自分でできた
     経営に役立つ記帳講習会


   

    融資は権利。断られても諦めず
     金融機関に断られても融資実現
     民商で相談し、次々に融資実現
     粘り強く交渉して融資を獲得


   

    納税者の同意で行うことが前提です
     人権無視の調査を許さず!
     自首申告が認められる
     仲間がいて、心強い


   

    人権無視の徴収を許しません
     「差押え」を全額解除
     市県民税・国保税が払えない場合は
     みんなで相談して、市役所と話し合い
     毎年、春日井市との話し合いを続けています